プログラミングバグの発生率

プログラムを行う際には、それぞれ様々なプログラミングを行っていると思います。用いている言語も異なれば、作ろうとしているソフトウエアの内容なども大きく変わってくるでしょう。しかし、プログラムを行うという作業は、どういったものを作成する場合でも、同じような作業を強いられることになり、バグなども可能性も出てきます。

では、プログラミングを行う際にはバグはどのくらいの発生率となっているのか、ご紹介しましょう。まず、プログラムは、成果物によって求められる内容も異なるため、一概にこのくらいの割合ということは提示することは出来ませんが、一般的には月1000行程度のコード行数となっている場合には、1から2個のバグが発生することが多くなります。改造の場合には、2割くらいのバグがあると考えておいた方が良いでしょう。

「どうして、そんなにバグが出てしまうのだろう?」と思われる方もいると思いますが、エンジニアの方はどんなに気を付けて作成しても、手作業で入力をしていくことになりますから、どうしても組合せなどでバグなどが発生しやすくなります。この発生率は、あくまでも平均的なスキルがあるエンジニアが行った場合の発生率となっていますから、初心者の場合にはもっと多いバグが発生する可能性が高いですし、もっと経験を積んでいるエンジニアであれば発生率を抑えることが出来るでしょう。バグの発生は、作成しているエンジニアの知識や技術力、経験などによっても左右されることがあるということ。

しかし、人間が行っていくものですから、どんなにスキルの高いエンジニアでも、精神的に疲労状態となっていたり、プレッシャーなどがある場合には、単純なミスをしてしまうこともあり、バグの数は増えてしまうことになります。
このように、プログラミングのバグというのは、エンジニアの状況や経験などによっても左右されることになります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です